伊豆高原〝無鄰〟♪

ショック!ほぼ完成していた今日のブログが消えてしまったのです。
そう言えば、朝のTVの星座占いが最下位だったわ。
んーっ、気を取り直して、いってみよう!

年末の伊豆旅行のお話です。そもそも出掛けようと決めたのが12月に入ってからのこと。行ってみたいお宿はどこもかしこも満室。昨年の〝海のしょうげつ〟もダメ。オットは〝下呂のしょうげつ〟なら空いていると言う。それでもやっぱりせっかくだからこぢんまりとしていて、海が見えて、星空も見える天然の温泉を探すように…とオットに告げ、1週間前のキャンセル料の発生する頃を狙って決めたお宿です。オットよご苦労!
c0112101_14233050.jpg

伊豆高原の別荘地の一角。おっきな看板も無いので少々迷いながら到着。…ま、そんなひっそりとしたところが良かったりするものです。女将や番頭さん(?)たちが出迎えてくれます。お正月前なので門松が飾られています。シンプルな形が素敵です。

c0112101_14235682.jpgc0112101_1424014.jpg
三越のオーナーさん(?)の別荘の跡地だとかで、手入れされたお庭にも歴史を感じます。

c0112101_1424899.jpgc0112101_14241441.jpg
小路を通ってお部屋へ… ここは全室離れになっています。

c0112101_14245664.jpgc0112101_1425474.jpg
入り口の外側と内側。まるで誰かのおウチにお邪魔するような感覚。建物は新しく造られているので歴史はありません。

c0112101_142531100.jpgc0112101_14254377.jpg
吹抜けのあるリビングと和室コーナー。リビングにあるのがラタンの椅子2脚。ソファでごろんとするのが好きなのでちょっと残念。

c0112101_14263330.jpgc0112101_14264816.jpg
リビングと和室の前に広がるラナイ。傾斜地に建っているので南側はベランダ状態です。ここに陶器の露天風呂があります。外のお湯は温泉。檜の内風呂は天城の深層水を温めているのだとか。内風呂も檜の香りでまた違う味わい。写真撮り忘れました。

c0112101_14274166.jpgc0112101_1428361.jpg
洗面室と寝室。寝室がリビングときっちり隔てられているので、夜遅くにごそごそお風呂に入ったりTVを見たりしてもオットからの苦情はありません。(笑)

c0112101_14341331.jpg

露天風呂からはこんな景色。月が出ているのが見えるでしょうか。暮れていく空を眺めながら2008年を振り返るワタクシ(…?)でした。

[PR]

by love-cat-love | 2009-01-27 15:05 | 伊豆・箱根